よかよかん近況お知らせ ~その②~

よかよかんの風

先般、8月に100歳を迎えたNさまが、入院先で逝去されました。

Nさまは、生前から「私の最後は、よかよかんで。」と職員にもご家族にも伝えておられました。

いよいよの時に、ご家族から「最後を迎えたとき、契約は終了しているが、本人の希望を叶えてあげたい。」と申し出があり、逝去された当日の朝、Nさまがよかよかんに帰ってこられました。

利用者も職員も「Nさん、お帰り!」と笑顔でお迎えし、ご家族と一緒に湯灌をしました。
少しずつ、Nさんの苦しそうな表情が緩み、以前のような穏やかな表情を見たご家族は「大好きなよかよかんに帰ってくることができて、
本人もきっと喜んでいると思います。私たちの胸の痛みも、スーッと和らぎました。」と。
そして、にぎやかな場が大好きだったNさまを囲み、利用者が歌や踊りでもてなし、笑いあり、涙ありのとてもとても暖かい最後のお別れ
となりました。

後日、主治医の先生から「亡くなった後からも、帰りたいと思える場所がある、ということは素晴らしいですね」とお言葉をいただきました。

“楽しみながらキャリアアップできる介護施設” をお探しの方にも必見です☆

高いコミュニケーション力は求めません。 笑顔で挨拶ができて人の話が聴ける。まずはここからです!

スタッフ募集を見る

関連記事一覧